絵本の読み聞かせはいつから?効果を高めるための4つの鉄則

Picture book Storytelling

小さい頃、家族や幼稚園・保育園の先生に、絵本を読んでもらったことはありますか。

その絵本の読み聞かせは、実は、子育てにとって、とても重要なことって知っていましたか。

でも、絵本の読み聞かせは、いつからしたら良いのかな…どんな風に読んだらいいのかな…と、家庭では意外と難しいもの。

今回は、いつから絵本の読み聞かせを始めたらいいのか、読み聞かせをより有効的なものにするためにはどうしたら良いのかのコツをご紹介します!

絵本の読み聞かせはいつから?効果を高めるための4つの鉄則

絵本の読み聞かせはなぜいいの?

絵本の読み聞かせが良いというのは、本を好きになる原点だからです。

本を好きになると、自分で学習をする能力が自然と身につくことに繋がります。

その理由は、本を自分から読む、好きな子は本から色々なことを学ぶからです。

語彙や語句の使い方など、日本語の書き言葉の文法的だけでなく、自分の気持ちや考え、それを表現する方法や、新しい事実や情報(社会的なこと、科学的なことなど)を、自然に学ぶことが出来ます。

また、わからないことがあれば、自分で参考書を読んだり、調べたりして、疑問を解決するようになります。

そのため、本を好きになる原点の絵本の読み聞かせは良いことになります。特に、小さい頃は子どもはなんと言っても、お母さんが一番好きなので、愛情を持って一緒に本を楽しむことが、子どもを本好きにします。

一番忘れたくないのが、親も楽しむということ。強制したり怒ったりせずに、楽しめる雰囲気作りが、何歳になっても一番重要です。

絵本のいつから?選び方のコツはある?

絵本の読み聞かせが良いのであれば、いつから読めば効果的なのでしょうか。

実は、内容を理解していないような0歳児から始めるのがポイント。

それでも、産まれてすぐではなく、お座りが出来るようになってから、スキンシップの一環としてが良いでしょう。

ママに抱っこされている時間は、とても大切な時間で、子どもにとっても至福で思い出の時間です。

また、読む本は、ちょっとしたお話の物でも、図鑑的な果物だったり自動車などの物でもどんな物でも大丈夫です。

子どもの反応を見ながら、何でも良いので話しかけながら読んでみるというのをコンセプトに。

そこから、子どもがよく反応する好きそうな本の傾向を観察しましょう。

1日数回、授乳や寝る前の時間など、落ち着いて読める時間を作ってみてはいかがですか。

読み聞かせの1回に2~3冊読むつもりで絵本を選びましょう。

その後、10ヶ月頃からは、絵本の背表紙などを見て、対象年齢と合っている物を選びましょう。

1歳くらいまでは、絵が大きく、文字の少ない物を好む傾向がありますよ。

また、すぐに絵本を購入するのではなく、図書館などに行って、一緒に読んでみて、子どもが気に入った物を購入する方が良いでしょう。

絵本の読み聞かせのコツ…その1

子どもが1歳半くらいを過ぎた頃から、どんな事でも繰り返しが好きになります。

そのため、絵本の読み聞かせでも、繰り返しの多い本が好きで、また同じ本を10回も20回も「読んで」や「もう一回」と持ってくることが多くなるでしょう。

正直、親のほうが飽きてしまい、ぐったりしてしまいますが、グッとこらえて笑顔で何回でも読んであげてください。

ママが3回でイヤになったら、パパに代わり、またママが引き取るなど、周りの人にも協力してもらって、本人の気の済むまで、何回でも読んであげることが重要です。

この時期にいっぱい本との時間を親子で共有することが、自分で本を読む時期を早め、自立に繋がるようです。

またおじいちゃん・おばあちゃんなどにも協力してもらうと、顔を見ると「読んで~」と膝に座ってきたりして、懐いてくるので、おじいちゃん・おばあちゃん孝行にもなり、子どもをかわいがってくれるようにもなり、一石二鳥かもしれませんね。

絵本の読み聞かせのコツ…その2

絵本を読むことで学習をすると最初に述べましたが、子どもが1番最初の学習をする行為は、文字を読むことです。

たくさん、母親や父親に絵本を読んでもらい、本が好きになった子は、自分でも読もうとする行動にうつります。

そのため、1人で絵本を持ってきて、お母さんの真似をして、読もうと努力します。

そのタイミングを逃さないでください!そのタイミングで、「絵本読んであげようか?」と声をかけるのではなく、ゆっくりでも読んでいる我が子の様子を見守ることが大切です。

最初は、1文字だけかもしれません。それでも、1文字読めたことを大いに褒めてあげてください。

そこで、自信を持ち、時間はかかるかもしれませんが、50音を覚えることに繋がります。もしも、子どもが読もうとしているのを断念した時には、そこまで読めたことを褒め、後半は、いつも通り、お母さんやお父さんが読んであげてください。

そこで、無理強いして読ませようとすると、せっかく絵本好きになりかけていたのに、すぐに嫌いになり、全く絵本を読もうとしなくなります。ゆっくりのペースで、親子で絵本を読もうとする時間を大切にしてください。

まとめ

絵本の読み聞かせはいつから?効果を高めるための4つの鉄則
・ 絵本の読み聞かせはなぜいいの?
・ 絵本のいつから?選び方のコツはある?
・ 絵本の読み聞かせのコツ…その1
・ 絵本の読み聞かせのコツ…その2

絵本の読み聞かせはいつから?効果を高めるための4つの鉄則を紹介しましたがいかがでしたか。

絵本は、絵を見て文章を読んでいくので、想像しやすいものですよね。

そのため、絵本を読み続けてきた子は、想像力がよく発達しており、発想力にも良い影響を与えます。心が豊かになっていくという学習だけではない、心の教育もすることが出来ます。

ずっと絵本ばかりを紹介してきましたが、4歳ごろになると、絵本だけではなく、少し長めのストーリーである童話などをゆっくり日にちをかけて読むこともおすすめします。

絵が少なくなっても、想像力が豊かなので、頭の中で思い描きながら、本のストーリーを楽しむことが出来るかもしれません。

子どもと接する時間が、仕事が忙しくてないお母さんも、寝る前に1冊を読むなどして、少しでも絵本に親子で触れる機会を作ってみてくださいね。

お母さん自身も、絵本を読むことで、懐かしさから癒しに繋がるかもしれませんよ!

いいね!して最新情報GET!