タンデム授乳とは?やり方や注意点など知っておきたい4個の方法

Tandem nursing

皆さんはタンデム授乳という言葉をご存知でしょうか。

タンデム授乳とは双子や年子の子供をもつお母さんが行っている授乳方法なのです。あまり聞き慣れない言葉ですよね。

そんなタンデム授乳のメリット、デメリット、やり方や注意点について詳しくお話ししていきましょう。

タンデム授乳とは?やり方や注意点など知っておきたい4個の方法

タンデム授乳とは?

さてさてまずは基本的なお話しからしていきましょう。タンデム授乳とは双子や年子の子供たち2人で同時にお母さんのおっぱいを分け合って授乳するスタイルの事です。

また同時期に上の子と下の子を代わり番こで授乳させたり、妊娠中に上の子を授乳する事をタンデム授乳と呼ぶ人もいるそうです。

1人の子供だけでも大変なのに2人も同時に授乳させて大丈夫なのか?と驚きと心配が入り混ざった気持ちになりますよね。次はタンデム授乳の4つのやり方を紹介します。

二人同時に授乳する方法

1.双子のお子さんの場合におすすめしたい2つの方法は、まず2つのローテーブルに赤ちゃんの頭を向かい合わせにして寝かせ、そのままおっぱいを吸わせる方法ともう1つは授乳クッションを敷き、赤ちゃんの頭を両手で持ちながらフットボール抱きにしておっぱいを吸わせるという方法があります。

2.上の子と下の子で同時に吸う場合は、授乳クッションに赤ちゃんを寝かせて吸わせ、上の子には反対に座ってもらいおっぱいを吸わせる方法があります。下の子もお座りできるようになれば縦抱きにして膝の上に乗せて飲ませる事が出来るようになりますね。

二人を別々に時間差で授乳する方法

3.二人を時間差で授乳する場合は出来るだけ下の子に先に飲ませて下さい。母乳の分泌量が少ない時期は特に下の子の成長に必要な量をしっかり与えられるようにまずは下の子から与えた方が安心ですね。

上の子がどうしてもと、ぐずってしまう場合は先に少しだけ与え様子を見ましょう。その場合の注意点としては、お母さんは決して怒らず優しく対応してあげることでしょう。

自分の自由なやり方で授乳する方法

4.子育てと同様で、タンデム授乳の授乳方法には絶対にこれじゃなきゃダメというやり方はありません。

上記のやり方もございますが自分とお子さんが1番良い状態で授乳出来る体勢をみつけたのであればそちらを実践していく事が良いでしょう。

タンデム授乳のメリットとは?

タンデム授乳の1番のメリットといえばやはり上の子と下の子、2人の子供達との触れ合いを大切に出来る事だと思います。

個人差もあるとは思いますが産まれたばかりですとオムツ交換や授乳で下の子ばかり構ってしまう状態になりやすく、上の子からするとママは下の子ばかり大事にしていると感じてしまいます。だからこそ授乳時間はママと触れ合える大切な時間になっていきますよね。

タンデム授乳であれば2人同時に授乳出来ますし2人共同じように大切なのだとママの気持ちを伝えやすくなります。他にも子供達2人におっぱいを吸ってもらう事で母乳の出は比例しますから分泌量も増えますし、おっぱいも詰まりにくくなりますよね。

沢山飲んでもらう事でママはダイエット効果も期待出来ますし、2人同時に飲ませる事で授乳時間も短縮する事が出来ます。このようにタンデム授乳にはメリットが沢山あるのです。

タンデム授乳のデメリットとは?

タンデム授乳の1番のデメリットはやはり2人同時におっぱいを飲ませる事でママの栄養も一気に失われる事でしょう。

さらに2人同時に飲ませるのには結構体力もいりますし腱鞘炎にもなりやすくなります。産後は体力がまだ回復してませんから母体の回復が先決です。タンデム授乳をするのであればきちんとした食事で沢山栄養を摂るようにしましょう。

食事量も意識的に増やした方が良いですね。他にも上の子がぐずるために先に授乳をしてしまうと下の子に十分に栄養がいかないというトラブルもありますので出来る限る下の子に先に飲ませてあげて下さい。

タンデム授乳の注意点としては、上の子と下の子ではおっぱいを吸う目的に差があるという事です。下の子が強く吸う事で反対側のおっぱいにも刺激がいきよく出るようになりますが、下の子はまだ吸う力も弱く追いつかない事があるため飲みきれずむせてしまうなんて事もあるようです。

2人の吸う力に差があるので毎回左右交代で飲ませるように注意しないとどちらかの胸に偏りが生じてしまうので気をつけましょう。

まとめ

タンデム授乳とは?やり方や注意点など知っておきたい4個の方法
・ タンデム授乳とは?
・ 二人同時に授乳する方法
・ 二人を別々に時間差で授乳する方法
・ 自分の自由なやり方で授乳する方法
・ タンデム授乳のメリットとは?
・ タンデム授乳のデメリットとは?

タンデム授乳とは?やり方や注意点など知っておきたい4個の方法を紹介しましたがいかがでしたか。

ただでさえ子育ては体力がいるというのにタンデム授乳をしているお母さんは本当に尊敬してしまいますね。

ちょっと辛くなってしまう事もあるとは思いますがタンデム授乳をする事で子供達は笑顔で過ごせるようになりますし、そんな笑顔を見るだけでお母さんも日々の子育ての疲れが吹っ飛んでしまいますね。

いいね!して最新情報GET!