妊娠中の花粉症に?薬は使える?原因と対策は?

花粉症の人は大勢いますよね。

今まで、花粉症ではなかったのに、妊娠してから花粉症になってしまった…。しかし、妊娠中ということは、薬はどうしたら良いのかなど、疑問や不安が多々…。

その疑問や不安をスッキリさせましょう!

妊娠中の花粉症に?薬は使える?原因と対策は?

妊娠中の花粉症の症状

花粉症の症状では、「鼻水」が最も多く、次いで「くしゃみ」が多いとされています。

鼻水もくしゃみも周囲に気がつかれたくない、見られたくないものなので花粉の多い時期には辛い症状です。また、「目のかゆみ」や「鼻づまり」も多く見られる症状。目のかゆみ、鼻づまりは外出時だけではなく、起床時や就寝時に強く感じることがあります。

布団や洗濯ものに付着した花粉が、室内に侵入しているためと言われています。妊娠中は花粉症状にも気を付ける必要があります。くしゃみや咳きは、お腹に力が入りやすいので妊娠初期から心配です。

妊娠後期に入ると子宮口の開き具合によっては、くしゃみの連続でお腹が張ったり尿漏れに悩まされることがあります。

妊娠中の花粉症の原因

花粉症が起こるのは、免疫システムが誤作動を起こした結果です。

本来は体に無害な花粉を退治するための「IgE抗体」が作られ、この抗体が過剰になると様々な症状を引き起こします。IgE抗体は体内に蓄積されるので、毎年花粉に触れているうちに抗体は増え、一定量を超えると花粉症を発症します。「妊娠することで体質が変わる」とよくいわれますが、アレルギーが発症したり、逆にアレルギーが治ったりといった様々な例があります。

詳しいメカニズムはわかっていませんが、妊娠してホルモンバランスが変わった結果、体質が変化し、花粉症が悪化してしまうケースがあります。今まで花粉症ではなかった人が妊娠を機に花粉症を発症するのも珍しいことではありませんよ。

また、くしゃみ・鼻水・涙目などの症状が出て「花粉症になったかも…」と思っても、「血管運動性鼻炎」を発症しただけのこともあります。花粉症と似た症状ですが、ストレスが原因で自律神経が乱れたときに、鼻粘膜がむくんで引き起こされる鼻炎です。

妊娠中は花粉症か血管運動性鼻炎かわかりにくいので、症状がひどいときには、まずは病院でどちらなのかを診断してもらいましょう。

妊娠中の花粉症の薬は使える?

辛い花粉症の症状を薬で治したい場合には、まず、思い浮かぶのは薬でしょう。

しかし、胎児に影響があるのではないだろうか…。と悩んでしまう方が多いと思います。その時には、すぐに、主治医に相談しましょう。実は、お医者さんに相談することで、胎児に影響がない薬があるのです。

それは、内服薬ではなく局所での使用する薬…つまり点鼻薬や点眼薬で症状を改善します。内服薬よりは、全身への移行性が低いため、安全だからです。また、漢方薬の小青竜湯(しょうせいりゅうとう)が使用される事もあります。しかし、漢方の種類によっては、子宮収縮作用があるものもあり注意が必要です。

それでも、なお、どうしても症状がヒドイ場合などには、抗ヒスタミン剤のポララミン錠や抗アレルギー薬であるクラリチンを使用する事があります。これは、妊婦にも比較的安全に使用できるといわれ、使用経験も豊富にあるので、使われる事が多いようです。

最も、妊婦さんに危険な薬は、セルテクト錠、リザベンカプセル、アレギサール錠と言われています。胎児の成長に異常が出たこともあるので、服用はしないようにしましょう。

下記は、妊婦さんでも使用できる医薬品名一覧です。参考にしてみてください。

内服薬⇒ アレグラ、アレロック、アレジオン、クラリチン、ジルテック

点鼻薬⇒ フルナーゼ、ナゾネックス、アラミスト、インタール、ザジテン

点眼薬⇒パタノール、リボスチン、インタール、リボスチン、ザジテン

漢方薬⇒小青竜湯(ツムラ・クラシエ・コタロー)

妊娠中の花粉症の対処法

まずは、対処法として、食生活についてご紹介します。

まず、たばこやお酒はもちろん控え、他にもからだを冷やすものはよくないようです。食生活で栄養をバランスよくをとる事を考えます。ペパーミントやローズヒップなどのハーブティーや、腸の中の善玉菌を増やすヨーグルトなどの乳酸菌がいいとされています。

生活習慣としては、からだの免疫力が落ちると花粉症を発症しやすくなるので、睡眠時間をたっぷり取る事を心がけることが大切です。

お家の環境は、窓を閉め切るのが基本ですが、換気を悪くするのは逆効果のようです。朝や夜などの花粉量が少ないときに、空気の入れ替えをしましょう。

掃除は、ほこりが舞ってしまう掃除機より、濡れ雑巾の方が効果があります。カーテンには花粉がつきやすいのでこまめに変えたり、ガードスプレーで予防すると安心です。

また、洗濯物はなるべく、室内に干したほうがいいでしょう。どうしても外に干したいときは、花粉が少ない日を見計らうことが大切です。

まとめ

妊娠中の花粉症に?薬は使える?原因と対策は?
・ 妊娠中の花粉症の症状
・ 妊娠中の花粉症の原因
・ 妊娠中の花粉症の薬は使える?
・ 妊娠中の花粉症の対処法

妊娠中の花粉症に?薬は使える?原因と対策は?、いかがでしたか。

花粉症になるだけでの胎児の影響はありませんが、くしゃみをしすぎたり、息苦しく寝不足になることで、胎児やママ自身にも影響が見られる可能性があります。

そのため、花粉症のような症状が出た場合は、すぐに、産婦人科の医師に相談することが大切です。

いいね!して最新情報GET!