妊娠中の正中線そのままで終わらせないためにすべきこと

Pregnancy midline

妊娠すると妊婦さんの体にはさまざまな変化が起こりますが、妊娠線とはまた違う正中線をご存知でしょうか。

妊娠してお腹が大きくなってくるとお腹の中央に縦に伸びる少し黒っぽい線が出来るんです。初めて妊娠された方は少し驚かれると思いますが全く病気でも何でもありません、痛みもかゆみもないので安心して下さいね。

正中線って一体何で出来るの?出来てしまったらもう消えないの?出来てしまった正中線をそのままで終わらせないためにすべき事をいくつかお話していきましょう。

妊娠中の正中線そのままで終わらせないためにすべきこと

妊娠線と正中線の違いとは?

さて、まずは妊娠線と正中線の違いについてお話していきます。

<妊娠線とは?>

妊娠してお腹が大きくなっていくにつれお腹の皮膚がどんどん伸びていきますよね。皮膚が急激に伸びる事によってその時にお腹や太もも、胸やおしりなどに肉割れが起こってしまいます。妊娠線は1度出来てしまうとなかなか消す事は出来ません。

薄くなる事はあるようですが完全に消すというのは難しいでしょう。そうならない為にも妊娠初期の頃からクリームやオイルで保湿する事がとても大切だと言えます。塗るのと塗らないのではかなり差が出ると思いますのできちんとケアする事をオススメします。

<正中線とは?>

妊娠してお腹が大きくなっていくとお腹の中央に縦方向に伸びる黒っぽい線が出来ます、これを正中線と言います。正中線は妊娠線とは違って妊娠中のホルモンバランスの変化によってメラニン色素を蓄積しやすくなり出来てしまう線です。

妊娠中にシミやそばかすが出来やすくなってしまったり乳首が黒ずんでしまう理由と同じなのです。上記のように妊娠線と正中線では出来方が全く異なります。そもそも正中線は男女共に関係なく産まれながらにしてみなさんある線なのです。

ただそれが目立つか目立たないか、色の濃さ薄さ太さの違いなだけなのです。この正中線は受精して細胞分裂をしているときの名残で、お腹や鼻の下などに接合部があるのですが、アゴが割れている人もこの名残といわれています。

正中線と妊娠線の違いを簡単にまとめますと…妊娠線は皮膚が伸びる事によって亀裂と肉割れが起こり出来る線。正中線はホルモンバランスによるメラニン色素の過剰分泌による出来る線。と言うところでしょうか。

正中線は消えるのか?

上記でも少しお話させて頂きましたが妊娠線は出来てしまうとなかなか消す事は出来ません。

薄くする事は可能ですが完全に消す事はほぼ無理ですので、妊娠初期からのお手入れをかかさずする事をオススメします。

さて本題ですが、正中線はどうなのでしょうか?

正中線は妊娠線とは違い皮膚が伸びて出来た線ではないので出産後にメラニン色素の分泌が落ち着いて正常になってくると、消えてしまったり薄くなっていきます。正中線がどれくらいの期間で消えたり薄くなっていくかは個人差があるようですが、だいたい半年〜1年ぐらいはかかるようです。

正中線が消える時期のひとつの目安として参考にしてみてください。でも、子育てで忙しい毎日を過ごしていくうちに気付いたら消えてしまった、なんて方もいるようですよ。出産後なかなか正中線が消えなくて気になってしまうという方は妊婦の時に使っていた妊娠線予防用のクリームをたっぷり塗るのもとても効果的です。

特に、葉酸入りの物は新陳代謝の促進効果が高いと言われています。ホルモンのバランスが正常になるのを待つ事も大切なのですが、ターンオーバー(肌細胞の再生機能)も正常にならないといけません。

ちなみに、顔にしみができるのもターンオーバーが正常に行われなかったために色素沈着しているんです。赤ちゃんが小さいうちはなかなかまとまった睡眠をとるのは難しいかと思いますが、質のよい睡眠をたっぷりとる事を心掛けてお肌のターンオーバーを整えることが大切になっていきます。

最近では正中線専用のクリームも売られているそうなのでそちらも1度試してみると良いでしょう。

まとめ

妊娠中の正中線そのままで終わらせないためにすべきこと
・ 妊娠線と正中線の違いとは?
・ 正中線は消えるのか?

妊娠中の正中線そのままで終わらせないためにすべきことを紹介しましたがいかがでしたか。

きちんとケアをしたほうが早く元に戻るそうなので妊娠線と同様、クリームやオイルなどでしっかり保湿をして適切なケアを行っておくと安心でしょう。

もちろん、正中線は今すぐに消えるものではありませんが、毎日新しい環境や育児に奮闘しているあいだに、気が付いたら消えているというママがほとんどだと思います。

ですから神経質になり過ぎるのではなく、気長に消えるのを待つようにしましょう。

いいね!して最新情報GET!