妊婦さんの辛い腰痛の原因とこれでばっちりの対策まとめ

妊婦でお腹が大きくなるにつれ、腰痛が始まります。

もしくは、そんなにお腹が大きくなっていないのに、腰痛がひどい妊婦さんもいるでしょう。

この腰痛の原因は何なのか、そして、少しでも和らげる方法はないのか、妊婦さんの腰痛について、徹底解明していきます!

妊婦さんの辛い腰痛の原因とこれでばっちりの対策まとめ

腰痛の原因とは?

妊婦さんの腰痛の原因は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、妊娠に伴うホルモン分泌の影響によるもの。

2つ目は、お腹が大きくなることで重心が変化し、筋肉の疲労を回復しにくくしたり、関節への負荷が強まることによるものです。それぞれ、詳しく説明していきます。

<妊娠中のホルモンの影響で起こる腰痛>
ホルモン分泌の影響を受け関節が不安定になり痛みに繋がることもあります妊娠をすると「リラキシン」というホルモンの分泌が盛んになります。赤ちゃんが生まれるためには、狭い骨盤を通過しなくてはなりません。

骨盤の靭帯を緩ませ、赤ちゃんがスムーズに降りてくることができるように作用するのが、このリラキシンというホルモンです。靭帯は関節を支えていますが、この靭帯が緩むと支えが不安定になり、その周囲の筋肉が硬く緊張してしまいます。

骨盤周囲や腰部、股関節に関わる関節が不安定になり、結果的に腰痛の発症へ繋がると考えられています。リラキシンは、妊娠初期から分泌されるため、お腹が大きくない時期にも、腰痛を起こす可能性があるということになります。

<妊娠による姿勢変化で起こる腰痛>
二人目の妊娠という場合は、育児をしながら腰への負担が増すことも……お腹が大きくなるにつれて、重心のバランスを保つために、自然と腰を反らせたような姿勢になります。すると骨盤の傾きにも変化が生じ、腰椎や腰を支える筋肉の負担が増加します。

このような姿勢になったとしても、腰痛にならない妊婦さんもいますが、妊娠する以前から腰に問題があった人は、腰痛を再発する可能性があり要注意です。腰痛の他にも、足の付け根やお尻の痛み、太ももの方へのしびれなどを訴えるケースもあります。

腰痛の対策①

まず、誰もがすぐに使える物は、骨盤ベルトです。

腰痛で歩くのも辛い時には、もってこいのアイテム。骨盤の中央、前部、太ももの張っているところの3点を結ぶラインをベルトで巻くようにして使います。骨盤のゆるみや歪みを防いでくれるだけでなく、便秘も解消することができる優れものです。

ドラッグストアなどでも最近はさまざまな骨盤ベルトが販売されています。柔らかな素材を重視したものや、よりしっかりと巻けるもの、伸縮性がよくてフィットするものなどがあります。自分にあったものを見つけましょう。

ただ、着ける時には注意が必要です。普通のベルトの感覚で使用すると、位置が高すぎます。場所によっては胎児に影響がでることもありますので、医師や助産師さんの指導を仰いでみると安心です。

また、この骨盤ベルトの代用として、さらしを適当な長さに切り、骨盤ベルトのように巻くことがおすすめです。骨盤ベルトは高価な物が多いのですが、さらしは安価なものが多く、長期的に使え、洗濯もでき、経済的に助かるアイテムになっています。さらしを巻く場合にも、医師や助産師さんに指導してもらうことがおすすめです。

腰痛の対策②

腰が痛くなるのは筋肉が張っていることが原因です。

エクササイズをして筋肉をほぐしてあげることで痛みを緩和することができます。ヨガやストレッチなどを含めてエクササイズは効果的です。妊娠4~5ヶ月くらいまでは、あまりお勧めできませんが、その後は、特に問題はありません。ただし、気分の優れない時に無理することは禁物です。

他の方法で腰痛の解消を目指しましょう。では、エクササイズをして腰回りの血流を良くするポーズを見ていきましょう。ここで、ヨガのポーズを1つご紹介します。

<ネコのポーズ>

マタニティヨガでは、定番のポーズです。両足の膝をつけて四つん這いになり、肩幅ほどに開きます。息を吐きながら背中を丸め、息つぎをして、また息を吐きながら今度は背中を反らします。ゆっくりと繰り返し、腰を伸ばしていきましょう。

腰痛の対策③

3つ目は、マッサージです。

妊娠中はうつぶせになれません。横向きか椅子にまたがって、背中と腰を出してマッサージしてあげると腰痛も軽減します。自分では難しい場所のため、旦那さんや家族などにやってもらいましょう。

一番簡単にできるマッサージを紹介します。妊婦さんが横になり、楽な姿勢の方へ身体を倒します。まず、背筋の両側を親指で押していきます。肋骨の下の延長線辺りから始めて、お尻に向かってゆっくりと下がっていきます。

空いた方の手のひらは腰を包むようにおいてあげましょう。力を入れる必要はありません。たくさん押すと効果があるというわけでもありませんので、痛みがあるようなら止めましょう。リンパマッサージというのもありますが、腕や首、他の部位などむやみにマッサージすることは控えましょう。

慣れていないと、マッサージ後に吐き気やだるさが出てしまう恐れがあります。また、思い切って、妊婦さんでも行けるというマッサージ店に行き、腰痛のことを相談してみて、マッサージしてもらうのも1つの手です。

まとめ

妊婦さんの辛い腰痛の原因とこれでばっちりの対策まとめ
・ 腰痛の原因とは?
・ 腰痛の対策①
・ 腰痛の対策②
・ 腰痛の対策③

妊婦さんの辛い腰痛の原因とこれでばっちりの対策まとめ、いかがでしたか。

ホルモンのバランスや体型的な問題は回避できないことです。

しかし、腰痛の対策はしっかりあるので、自分に合い、効き目のあるものを探し、続けながら、素敵なマタニティライフを過ごしてくださいね。

いいね!して最新情報GET!