プレママ必見!妊娠中に食べてはいけない5つのもの

Pregnant women do not eat

妊婦になったら、食事の管理をしっかりと行う必要があります。

食事は3食食べているし、食べ過ぎているわけじゃないから、大丈夫でしょう!と安心しきっている方も、中にはいるでしょう!

しかし、食事の管理だけではなく、その中でも、食べてはいけない物があることをご存知ですか。

実は、「食べたい!」と思う物こそ、NG食材であることも…。産まれてくる赤ちゃんが健康に、元気に産まれてくるためにも、NG食材をしっかりと理解しましょう!

意外なあれやこれも、実は食べると危険だったりする可能性がありますよ。

プレママ必見!妊娠中に食べてはいけない5つのもの

①生肉

ユッケや馬刺しなどの美味しい生肉の料理がありますよね。

しかし、その生肉は、妊婦さんにはNGのも…。その理由は、「トキソプラズマ」や「O-157」といった感染症にかかる危険がありためです。妊娠中の女性がトキソプラズマに初感染すると、生まれた子供に精神発達の遅れや、視力障害、脳性まひなどの先天性障害が生じることがあります。

トキソプラズマは加熱によって死滅するので、しっかりと火を通したもの(中心部が67度以上)を食べることで感染を防ぐことができます。

さらに、予防策として、肉用とその他の食品のまな板を分けることをおすすめします。しっかりと、加熱をして美味しく食べられるようにしましょう。

②ナチュラルチーズ

ナチュラルチーズと言われて、チーズ全般!?と思われがちですが、前述同様に、非加熱のチーズのみ食べてはいけません。

その理由は、非加熱だと、「リステリア」という菌が含まれてるためです。妊婦がこの菌に感染すると、胎児に悪影響を及ぼすことがあるため注意!妊婦は、通常の20倍もリステリア菌に感染しやすいそうです。

感染すると、インフルエンザのような症状が出て、胎児にも感染し、流産や早産、新生児の髄膜炎や敗血症の原因になることがあります。抗生剤による早めの治療で胎児への感染を防ぐことができますが、出来れば、食べないで回避したいもの。

さらに、生ハムや肉・魚のパテなども含まれるため、要注意です!加熱してあるグラタンの上のチーズなどは大丈夫なので、安心してください。

③水銀を含む食材

水銀を含む食材とは、本マグロ、インドマグロ、メバチマグ、クロカジキ、メカジキ、マカジキといったマグロ類の料理や加工食品や金目鯛やムツなどの深海魚です。

自然界に存在するメチル水銀は普段摂取する分には栄養価のあるもので、体の中に取り込まれても徐々に体外に排出されます。しかし、胎児には体外に水銀を排出する機能がなく、神経障害や発達障害をもたらす危険があります。

大型の魚介類は自然界に存在する水銀を食物連鎖の過程で体内に蓄積しており、魚を主食とする日本人の水銀摂取の80%以上が魚介類由来となっています。そのため、特に妊娠初期は、魚を主食にする頻度は週に1~2回程度に控えるようにしましょう。

お寿司やお刺身が食べたい気持ちを少しの間、グッと我慢してください。

④サルモネラ菌を含む食材

何となく聞いたことがあるようなサルモネラ菌…。でも、どんな食材に入っているのかご存知ですか。実は、よく使用するであろう生卵!卵かけご飯が好きという妊婦さんには辛いかもしれませんが、少し我慢です・・・。

では、なぜ、摂取してはいけないのかというと、サルモネラ菌は直接胎児に影響を及ぼすものではありませんが、感染してしまうと食中毒を引き起こす可能性があるためです。

食中毒の症状の1つである激しい下痢は子宮収縮を促し、流産や切迫早産につながる可能性があります。

日本の生卵は世界一安全性が高いと言われているので神経質になる必要はありませんが、心配な場合は新鮮で殻にひびの入っていないものを選び、加熱してから食べるようにしましょう。

⑤ヨウ素を含む食材

ヨウ素と聞いて、ピンと来ない人が多いと思います。しかし、このヨウ素が含まれる食材は、よく口にするものかもしれません。

ヨウ素が含まれる食材とは、ひじき・昆布・わかめ・のりなどの海草類やインスタントの昆布だし、外食やインスタントのみそ汁、うどん、合わせ調味料、昆布エキスや海藻エキスが入っている飲み物です。

ヨウ素が含まれる食材を摂取すると、クレチン症(先天性甲状腺機能低下症)を引き起こす可能性があります。

しかし、これは、摂取し過ぎが良くないということで、1日220µgはとるべきと推奨されているため、完全に食べてはいけない物ではなく、摂取量を考えなくてはならない食材なので、そこも要注意!

まとめ

プレママ必見!妊娠中に食べてはいけない5つのもの
・ ①生肉
・ ②ナチュラルチーズ
・ ③水銀を含む食材
・ ④サルモネラ菌を含む食材
・ ⑤ヨウ素を含む食材

プレママ必見!妊娠中に食べてはいけない5つのものを紹介しましたがいかがでしたか。

意外にも、妊婦が食べてはいけない物は、身近にあった食材が多いですよね。さらに、カフェインやアルコール類もあまり良くないとされています。

朝の目覚めの一杯は、コーヒーという女性も多いと思いますが、コーヒーは1日カップ1杯であれば、影響は少ないと言われています。

赤ちゃんのためにも、少しの我慢は必要のようです。それでも、赤ちゃんに元気に産まれてきてほしい気持ちや妊婦さん自身の体調が健康であることが何より大切です。

妊婦さん、赤ちゃんの両方の身体に良い健康的な食事を心掛けていきましょう!

いいね!して最新情報GET!