妊婦さんの仰向けはいいの?意外と知らない4個のポイント

Pregnantwoman Hisback

眠る時に、人それぞれ、寝やすい姿勢というものがありますよね。

仰向け、右向き、左向き、うつ伏せなど様々です。妊娠中だからと言って、寝方を急に変えるのは難しいですよね…。

でも、右向きや左向きは言いにしても、仰向けで寝ていても、胎児に影響はないのだろうか。

そんな疑問をすっきりさせるために、妊婦さんにとって、仰向けは良いのか悪いのかを徹底解明していきます!

妊婦さんの仰向けはいいの?良くない?意外と知らない4個のポイント

妊娠中の仰向けはどんな影響が・・・?

妊娠中に仰向けでの睡眠をとることは、妊娠初期よりもお腹が大きくなってからの妊娠中期から妊婦後期に、妊婦さんに変化が起きると言われています。

もしも、妊娠後期に仰向けで寝ると、可能性としては以下の症状が考えられます。

・お腹が張る。もしくは、張りやすくなる

・血液の循環が悪くなる

・低血圧になる・苦しくなる

・冷や汗をあく

・動悸がする

・頻脈

・気持ち悪くなる

・顔面蒼白

・静脈瘤が出やすくなる

なぜ、このような症状が出てくるのかと言うと、腹が大きくなってくると子宮が下大静脈を圧迫することがあります。

これにより、血流が妨げられてしまい循環が悪くなり、血管が浮き出て、血圧が下がります。

そのため、息苦しさや動悸息切れ、気持ちの悪さなどが出てきます。

以上のことを一般的には、仰臥位低血圧症候群(ぎょうがいていけつあつしょうこうぐん)といいます。

この状態に陥ると、血液が心臓に戻らない状態になり、心臓から送り出される血液量も低下します。

ひどい場合は、失神することもありますので、要注意です。

仰向けで寝ると、胎児に影響は?

前文で、妊婦さん自身には辛い症状が出てしまう事があるとお話ししました。

それでは、胎児の影響はどうなのでしょうか。

仰向けになって母体の血液量が低下した場合、胎児の血液量も低下するという可能性はありますが、そのことで、胎児に脳障害が出るかといわれると、脳障害が出るほどのことはないので、心配する必要はないでしょう。

胎児に何か起こる前に、母体に何か症状が現れており、その場合、寝ていても苦しくなるなどの気分が悪くなることで、起きますので、それをずっと我慢し続けるほど、仰向けにはなっていないからです。

また、仰向けで胎児が苦しくなっているかというと、母体が何もなければ、胎児は羊水で守られているため苦しいということはありません。

ただし、母体が苦しさなど何か症状が出ている場合は、胎教的に苦になるかもしれません。

オーストラリアの研究で、仰向け寝が死産を招くという研究結果があると言われています。

しかし、対象となった妊婦さんの数が少ないということから(合計で300人弱)、仰向けで寝ることで死産になるという根拠は確立していません。

対象者が少ないため、他の原因によって、死産になっている可能性があるとして、現在では妊婦の仰向け寝を避けるということは、推奨されていない状態なので、特に気にすることはないと思います。

仰向けで寝ていいのはいつまで?

妊娠中期に入ると、妊婦さんに影響が出てくると言いますが、基本的にいつまで仰向けは大丈夫なのだろうか…と疑問が浮かぶと思います。

実は、仰向けで寝ていいという期限は、人それぞれなのです。

その理由は、前文でいろいろな仰向けでの症状を話しましたが、仰向けで寝ていても全く辛い症状も出ずにいる方もいるのです。

全く症状が出ないのであれば、仰向けで寝ていても、何も害はないので、臨月まで仰向けで寝ることが出来ます。

しかし、お腹がはりやすい方や医師から切迫流産の危険性がある方は、症状が無くても、妊娠中期以降は、仰向けで寝ないようにしたほうがいいと思います。

妊婦さんのおすすめの寝方は?

妊娠初期は、仰向けで寝ても全く問題はありません。

足を少し高めにして、腹部を緩めるようにすると楽になります。

妊娠週数が進んで、仰向け寝が苦しいなと感じてきたら、姿勢を変えてみましょう。枕やクッションで上半身を少し上げた状態にすると、血液の循環をスムーズにすることができます。

おなかやひざの下にクッションを当てるのも寝やすくておすすめ!

また、妊娠後期には、できるだけ横向きに寝るのがおすすめです。

内臓が子宮で圧迫されるので、しっかり睡眠をとるには、横向きが良いと思います。

まとめ

妊婦さんの仰向けはいいの?良くない?意外と知らない4個のポイント
・ 妊娠中の仰向けはどんな影響が・・・?
・ 仰向けで寝ると、胎児に影響は?
・ 仰向けで寝ていいのはいつまで?
・ 妊婦さんのおすすめの寝方は?

妊婦さんの仰向けはいいの?意外と知らない4個のポイントについて紹介しましたがいかがでしたか。
1番は、妊婦さん自身がぐっすりリラックスをして睡眠出来ることが大切です。

睡眠不足は、体調不良にも繋がり、それこそ、胎児に影響が出てきてしまいます。神経質になりすぎると、家庭もギクシャクになり、嫌なムードでストレスばかりになってしまいますので、ストレスフリーのマタニティーライフにするためにも、良い睡眠を!

最後に、さらに良い工夫としては、クッションなどを応用し、自分自身が1番寝やすい寝方を探ってみるのもいいのかもしれませんね。

1人で難しい場合は、旦那さんにも協力してもらい、快適に過ごせるようにしましょう!

いいね!して最新情報GET!