プレママあるある!妊婦さんとカフェインの関係と真実

Pregnantwomen caffeine

妊娠前はリラックスやリフレッシュのためにコーヒーや紅茶が欠かせなかったという方も少なくないと思います。

ですが、妊娠するとカフェインの摂取は控えるよう言われますよね。突然大好きなものが飲めなくなるなんて!と思う方もいるのではないでしょうか。

では、どうしてカフェインを摂取しすぎてはいけないのでしょうか。

カフェインの摂取がお腹の赤ちゃんに与える影響など妊娠中のママとカフェインについてご紹介します。

プレママあるある!妊婦さんとカフェインの関係と真実

カフェインがママに与える影響

まずは、カフェインがママに与える影響から見ていきましょう。

カフェインを摂取すると体内でカルシウムや鉄分が吸収するのを妨げてしまいます。

妊娠中は貧血になりやすい状態と言えますから、貧血気味の妊婦さんは特に注意が必要です。

また、カルシウムは赤ちゃんが育つためにも必要でママも不足しがちになります。

必要な栄養分を損なわないためにもカフェインの過剰摂取は避けたいですね。

一方で妊婦さんに限りませんが、カフェインを摂取することで交感神経が刺激されるので気持ちもリフレッシュしたり、集中力が高まります。

また、香りの良いコーヒーはアロマ効果でリラックスできるというプラスの効果もあります。

カフェインが赤ちゃんに与える影響

ママがコーヒーなどを飲んでカフェインを摂取することで、胎盤を通して赤ちゃんにもカフェインの成分が届けられることになります。

これにより、お腹の赤ちゃんの中枢神経を覚醒・興奮させてしまったり、発育の遅延に影響すると言われています。

また、アメリカの研究では「カフェイン摂取量が1日に200mg以上の妊婦は、全くカフェインを摂取していない人に比べて流産の確率が2倍になる」という調査報告もあります。

特に流産危険が高い妊娠初期には、あまり多くのカフェインを摂取しないほうが良いかもしれませんね。

摂取しても良いカフェインの量

上記のようにお腹の赤ちゃんにカフェインが影響するのは、毎日大量のカフェインを摂取した場合です。

ですから、摂取するカフェインをゼロにする必要はないと言えます。

急にコーヒーや紅茶を止めることがママのストレスになってしまうこともあるでしょう。では、具体的にはどれくらいの量だったらカフェインを含んだ飲み物を飲むことができるのでしょうか。

WHOではカフェインを1日300mgまで、英国では1日200mgまでに抑えるよう定めています。

日本人は欧米人よりも体が小さいことを踏まえると、これよりも少ない摂取のほうが安心でしょう。

コーヒー1杯を150mlとし、これに含まれるカフェインの量を90mlとすると1日に2杯程度のコーヒーでしたら飲むことができますね。

コーヒーの種類やインスタントかどうかによってもカフェインの含有量は変わってきますので大体の目安として考えてください。

そのほか、紅茶は約2杯ですが、玉露はコーヒーよりもカフェインの含有量が多いので飲みすぎないよう注意しましょう。

また、コーヒーなどの飲み物のほかにもチョコレートや乗り物の酔い止め、栄養ドリンクにもカフェインが含まれていることがありますので気をつけてくださいね。

気になるときはノンカフェイン!

コーヒーや紅茶を楽しみたいけど、カフェインがやっぱり気になる!という方にはデカフェやノンカフェインのものがオススメです。

カフェインが少量ながら入っている物もありますが、ほとんど気にならないくらいの量です。

最近ではインターネット通販でも手軽に買うことができますし、輸入食料品店で扱っているところもあります。

またコンビニのコーヒーやスターバックスなどのコーヒーショッップでもデカフェの取り扱いがありますので是非チェックしてみてください。

また、ルイボスティーやラズベリーティー、タンポポコーヒーなどのハーブティーにはカフェインが含まれていませんので安心して飲むことができますね。

ハーブティーは種類も多く体調を整えてくれる物もありますので、この機会に様々な種類のハーブティーを試してみるのも楽しそうです。

注意したいハーブティー

カフェインもなく健康に良いイメージのハーブティーですが、妊娠中に飲まないほうが良い物もあるので気をつけてください。

ハトムギやアロエ、カモミールは子宮収縮の効果がありますので、過剰に摂取しない方が良いでしょう。

心配な場合は効果をよく確認したり、詳しい人に聞いてから飲むようにしましょう。

まとめ

プレママあるある!妊婦さんとカフェインの関係と真実
・ カフェインがママに与える影響
・ カフェインが赤ちゃんに与える影響
・ 摂取しても良いカフェインの量
・ 気になるときはノンカフェイン!
・ 注意したいハーブティー

プレママあるある!妊婦さんとカフェインの関係と真実を紹介しましたがいかがでしたか。

コーヒーが大好きな方も少しは飲むことができるとわかって安心したのではないでしょうか?

妊娠中は赤ちゃんの健康も大切ですし、赤ちゃんが健康に育つためにママがリラックスできる環境も大切ですよね。

我慢をしすぎず、デカフェやノンカフェインの飲み物も上手に取り入れながら、ストレスフリーな生活を心がけましょう。

いいね!して最新情報GET!