早産児とは?未熟児と低出生体重児との違い

Preterm

思いがけず早く我が子が生まれたら…不安でいっぱいになりますよね。

どうしたらいいのだろう、どうなるのだろう、とそんな気持ちになると思います。一般的に、早く生まれる赤ちゃんを「早産児」「未熟児」「低出生体重児」などと呼びます。

でもそれぞれ、どう違うのでしょう。よく知られているのは「未熟児」ですが、早産児って?低出生体重児って?と疑問に思いますよね。

ここで、それぞれの呼び方の定義をご紹介いたします。

早産児とは?未熟児と低出生体重児との違い

① 早産児とは

早産児とは、お母さんのおなかの中にいた週数(在胎週数と言います)が37週未満で生まれてきた赤ちゃんのことを言います。

通常、在胎週数が37~42週で満期産と言われ、37週未満だと早産となります。早産児の中でも、35~37週未満で生まれた赤ちゃんを「後期早産児」と呼びます。後期早産児は、満期産で生まれた赤ちゃん(正規産児)と比較しても機能の発達に遅れが見られず、早産にはなるけれど、医療的な処置を必要としない場合もあるようです。

それでも、早産児は正規産児に比べ、体の機能の発達、体重は未熟な場合が多いため、新生児集中治療室(NICU)で十分に発達するまで入院することが多いようです。

「早産児」「正規産児」というのは、在胎週数で分類したときの赤ちゃんの呼称となります。

② 未熟児とは

未熟児という言葉が、実は正式には医学的な用語ではないことをご存じでしょうか。以前は「2500g未満で生まれた赤ちゃん」を未熟児と呼んでいたそうです。

ではなぜ、今は医学的な用語ではなくなったのでしょうか。赤ちゃんの中には、生まれた時の体重が2500g未満でも、正規産で生まれて体の機能発達に問題がない赤ちゃんもいます。

逆に2500gより大きく生まれたとしても、体の機能に何らかの問題を抱えて生まれてくる赤ちゃんもいるため、分類する言葉としてはあいまいで適切ではないからだと言われています。生まれた時の体重だけで未熟とするのではなく、生まれた時に体の発達に未熟な部分がある赤ちゃんを総称して「未熟児」と呼ぶようになりました。

③ 低出生体重児とは

低出生体重児は、早産児とは違い、体重で分類したときの赤ちゃんの呼称となります。

1000g未満で生まれた赤ちゃんを「超低出生体重児」と呼び、1500g未満で生まれた赤ちゃんを「極低出生体重児」、2500g未満で生まれた赤ちゃんを「低出生体重児」と呼びます。低出生体重児が生まれるのはどうしてなのでしょうか。

妊娠中のお母さんの生活習慣や体質も影響します。

・妊娠高血圧症候群

・ダイエット・歯周病

・飲酒・喫煙

妊娠高血圧症候群になると、血液の流れが悪くなり、お腹の中の赤ちゃんに栄養が行きわたらなくなります。

妊婦さんはそれでなくても血圧が通常より高くなります。普段から気をつけ、少しでもおかしいと感じたら、すぐに医師に相談しましょう。ダイエットは妊娠中に太りたくない、という気持ちのお母さんも多いと思います。

でも、食事を制限し、お母さん自身が栄養不足になれば、お腹の赤ちゃんも栄養不足になるのです。ですから、食べすぎはいけませんが、必要な栄養をしっかり摂りましょう。歯周病による早産、低出生体重児の生まれるリスクは歯周病にかかっていない妊婦さんの7.5倍だそうです。

これは飲酒・喫煙以上よりもはるかに高い数字だそうです。菌が歯周ポケットから体内に入り、血液を通り、赤ちゃんに届き、赤ちゃんの成長を妨げるのです。お酒に含まれるアルコールは胎児の成長を妨げるだけでなく、生まれてからの赤ちゃんの発育にも影響を及ぼします。

喫煙は、お母さんが喫煙すると、胎児がもがき苦しむ動きをするそうです。つまり喫煙により、赤ちゃんに酸素が行きわたらないため、成長に大きな影響を与えるのです。

④ 未熟児養育医療制度

みなさんはこの制度をご存じですか?この制度は、医師が赤ちゃんには入院・治療が必要と認めた際に、病院での医療費を負担する制度です。

この制度が適用となる赤ちゃんは大まかには以下の二つです。・出生体重が2000g以下の赤ちゃん・医師が入院・治療が必要と認めた赤ちゃん基準にはもっと細かいケースがありますので、気になる方は一度調べてみることをお勧めします。

まとめ

早産児とは?未熟児と低出生体重児との違い
・ ① 早産児とは
・ ② 未熟児とは
・ ③ 低出生体重児とは
・ ④ 未熟児養育医療制度

早産児とは?未熟児と低出生体重児との違いについて紹介しましたがいかがでしょうか。

日本の医療は進化していて、早産児・低出生体重児の死亡率や重度の障害が残る率も減少しているといいます。

もし我が子がそうであったとしたら…不安に思うお母さんも多いと思いますが、お腹の我が子のためにも、まず自分を大切にし、自分を大切にすることが赤ちゃんの成長につながるのだと心に留め、妊婦生活を過ごして欲しいと思います。

いいね!して最新情報GET!