ルトラールとは?効果や副作用は?疑問にお答えします!

Pregnancy midline

ルトラールという言葉を聞いたことはありますか。

もしかすると、あまり聞いたことがないという方が多いのではないでしょうか。

ルトラールというもの自体、何なのかという初期の疑問から次々に解明していきます。

ルトラールとは?効果や副作用は?疑問にお答えします!

ルトラールとは?

ルトラール(塩野義製薬)はその主要成分として、黄体ホルモン(プロゲステロン)と呼ばれる女性ホルモン人工的に配合した薬品のことです。

黄体ホルモンは体温が上昇する高温期(黄体期)である月経周期の後半・妊娠中に黄体及び胎盤から分泌されるホルモンで、排卵を促進する作用がありますが、長期的に服用をした場合、体温の向上、食欲の増進及び、体調不良現象などが出てきます。

また、ルトラールはホルモンのバランスをコントロールする目的がある事から、女性に限らず男性のホルモンの抑制の目的で男性に処方されるケースも多くあります。ホルモンコントロールには、服用期間、周期などの指導を受けるので、これらの服用のタイミングを継続的に守る事も副作用を防止する為に大切な事です。

ルトラールの服用に関しては、これら正しい知識を持って副作用などの働きを把握した上で服用する事が非常に重要となります。

ルトラールが処方される主な症状

ルトラール錠を服用する場合の主な使用目的、及び用途は、前項で解説した通り、ルトラールに配合されている主成分の作用によります。主に使用される疾患としては、以下の症状の改善の時に使用されることが多いです。

<ルトラールが処方される主な症状一覧>

・無月経

・月経周期異常

・月経量異常

・機能性子宮出血

・黄体機能不全による不妊症

・子宮内膜症

・前立腺肥大症

・前立腺癌

他の薬剤と併用して使用するケースでは、薬剤の組み合わせによって、ルトラール錠の働く作用を強めたり、効果を薄めたりするケースもあるため、持病などによって薬剤の併用をしなければいけないケースに関しては、事前に医師にその旨を伝えておく必要があります。

通常は医師によってこれらの薬剤の併用を確認されますが、もし特に確認も無く薬を処方された場合は、服用前に一度確認を取ることが重要です。

ルトラールの使用上の注意や副作用

症状が出ると、服用しなくてはいけませんが、やはり薬なので、使用上の注意があります。

①いずれも錠剤で、食後の服用が原則です。1日あるいは1回の錠数、服用時間については医師の指示をきちんと守り、かってに中止したり、減量・増量しないでください。

②以前にこの薬で過敏症状をおこしたことのある人、両親やきょうだいにアレルギーのある人、重い肝臓障害のある人、脳梗塞(のうこうそく)、心筋梗塞、血栓性疾患などの人には使用できません。あらかじめその旨を医師に報告してください。

③ノルエチステロン製剤は、妊婦、現在妊娠する可能性のある人には、胎児に悪影響を及ぼすこともあるので使用できません。このような人はあらかじめ医師に報告してください。

④心臓病・腎臓病(じんぞうびょう)・肝臓障害・子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)・てんかん・糖尿病といった病気のある人には、薬によっては使用量を減らすといった配慮をしないと、病状を悪化させてしまうこともあります。

このような人は、あらかじめその旨を医師に報告してください。

また、副作用も気を付けておきたいところ。過敏症状(発疹(ほっしん)・発熱・かゆみなどのアレルギー症状)をおこすことがあります。過敏症状がおこったときは服用を止め、すぐ医師に相談しましょう。

薬によっては、不正性器出血、乳房の痛み、吐き気・嘔吐(おうと)、食欲不振、めまい、体重の増加などをおこすことがあります。このような症状がおこったときにも、医師に相談してください。

ルラトールで不妊治療?

ルラトールは、様々な症状で服用することがわかったと思いますが、女性にとって1番重要になってくることが、不妊治療の際です。

ルラトールは、前述した通り、黄体ホルモンが背後されているもの。そのため、子宮内膜を増殖させるなど、妊娠の準備と成立にはたらいたり、乳腺の発育、乳汁の分泌を促します。そのため、不妊治療の際には、必要な薬と言えます。

たいてい、医師から促され、1日朝晩の2回の服用をすることが多いようです。使用上の注意や副作用など、様々なことを考え、不妊治療に踏み切り、ルトラールの力を借りて、赤ちゃんが出来るように努力してみましょう!

まとめ

ルトラールとは?効果や副作用は?疑問にお答えします!
・ ルトラールとは?
・ ルトラールが処方される主な症状
・ ルトラールの使用上の注意や副作用
・ ルラトールで不妊治療?

ルトラールとは?効果や副作用は?疑問にお答えします!は、いかがでしたか。

女性のホルモンに関係する物でしたね。しかし、すぐに始めるのではなく、医師や家族としっかりと相談や話し合いを行ったうえで、服用するようにしましょう!

自分の身体のことかもしれませんが、家族や医師の助けは必須ですよ!

いいね!して最新情報GET!