ママ必見!子供が言うことを聞かない時に実践したい効果的な叱り方

Scold children

子どもが悪いことをした時に、咄嗟に、大声で子どものことを叱っていませんか。

しかし、この叱り方1つの工夫で、子どもの成長が変わってくることを知っていましたか。

昔聞いたことがある「カミナリ○○」の叱り方ではなく、子どもが素直に聞いてくれ、良い成長にも繋がる叱り方を知りましょう!

大声で怒る時よりも、親側も疲れることなく、子どももスムーズに言うことを聞いてくれるかもしれませんよ。

ママ必見!子供が言うことを聞かない時に実践したい効果的な叱り方

なぜ、親は叱ってしまうの?

残念ながら、子育てと“子どもを叱る”ことは、切っても切れない関係にあります。

昨今では“叱らない子育て”を推奨する人もいますが、子育てに“叱る”ことはまず必須だと言えるでしょう。

しかし、そもそも、なぜ親は子どもを叱るのでしょうか。

人によって、子どもを叱る理由はさまざまですが、その目的は同じなはずです。それは、究極的に言えば「将来子どもに幸せになってほしい」ということだと思います。

叱る場面は、他人を傷つけてしまったり、自分自身を傷つけてしまったりが大まかに言われる場面だと思います。

他人を傷つければ、精神的に重い負担を抱えることになり、また、自分を傷つけることで、不幸になることは言うまでもありません。親は誰もが子の幸せを願っています。

その思いがあるからこそ、時には子どもを叱るのです。

大きな声で叱ることは良くないこと…?

大きな声で叱ることは、叱るというよりも、怒るといったほうが適しているのかもしれません。

大声で叱っている時には、感情があらわになり、子どもの言い分は全く聞かずに、ずっと話し続けてはいませんか。

叱っていることと怒っていることでは、全く違う行為です。怒りは、物事が自分の希望通りにいかなかったときに、その不満を感情で発散させる行為です。

つまり、“自分のため”の行為とも言えます。

一方、叱るという行為は、前提として“相手により良くなってもらいたい”という思いがあり、それを伝えるために強い口調で言い聞かせます。

つまり、“叱る”は相手のために行っていることなので、伝えたいことがきちんと伝わりますが、“怒る”は自分のためにやっているため、相手にその意図が伝わりません。

そのため、感情をあらわに怒っていることは、子どもにも伝わらず、全く成長にも繋がらないので、大きな声で叱る=怒ることは良くありません。

子どもを叱るときの大事なポイント

子どもを叱るときの秘訣があるので、この秘訣を要チェックし、気を付けていきましょう!

<感情的に叱るのはダメ>

感情的に叱らないためには、一度、深呼吸をして、気持ちを落ち着けてから叱るといいでしょう。感情的に叱ってばかりいると、情緒不安定な子どもになる場合もあります。

<子どもの言い分を聞かずに、叱るのはダメ>

例えば兄弟喧嘩では、喧嘩の理由も聞かずに、上の子どもを叱ってしまう親も多いのではないでしょうか。この例に限らず、子どもの話を聞かずに、頭ごなしに叱ってはいけません。まず、冷静に子どもの話を聞いてあげましょう。

<くどくどといつまでも叱り続けてはダメ>

くどくどといつまでも叱り続けていると、かえって親の意図が伝わりません。親の伝えたい内容は心に残らず、怒られているという印象だけが強く残ってしまいます。

<自分の都合で叱ってはダメ>

疲れているからといって、八つ当りで叱ってしまうことはありませんか。後でお母さんが後悔するだけです。

<両親が一緒になって叱るのはダメ>

両親が一緒に叱ってしまうと、子どもの逃げ場がなくなってしまいます。一方が叱れば、一方がフォローするという形が理想的です。

<誰かと比べて叱ってはダメ>

「○○ちゃんは上手なのに」、「お姉ちゃんはもっと早くできていたのに」と、誰かと比較してはいけません。ひがみやすい子どもになってしまい、比較対象を嫌いになってしまう場合もあります。

<昨日と今日で言うことを変えてはダメ>

一貫性を持って叱らないと、子どもは親に不信感を抱きます。また、父親と母親もしつけに関して話し合い、統一性を持たせましょう。人によって言うことが違うと、子どもは迷ってしまいます。

<全人格を否定する言葉や子どもを突き放す言葉は、使ってはダメ>

「生まれてこなければよかったのに」など全人格を否定する言葉や、「もう、知らない! 勝手にしなさい」、「出て行きなさい」など、子どもを突き放す言葉は子どもの心に深い傷となって残るので、絶対に使ってはいけません。

<体罰はダメ>

体罰を与えることによって、親の意図が伝わりにくいだけでなく、子どもの心に深い傷を残します。さらに、その恐怖から嘘や隠し事などで自分を守ろうとしたり、また、友達にも乱暴になる場合もありますので、手をあげることだけは辞めましょう。

子どもの年齢別に叱る方法を変化させよう!

一口に叱り方といっても、さまざまなパターンがありますが、子どもの発達段階に合わせて方法を変えると効果的です。

実は、年齢別に叱る方法を変化させることで、さらに子どもの成長に変化が生まれます!

1〜2歳くらいまでも子どもは、まだ物事の理解力が十分に発達していないため、長い言葉で話すと効果がありません。

そのため、できれば1〜3語の間で、叱るのがベストとされています。3〜5歳くらいになると、言葉の理解力も発達してきて、物事の因果関係も分かるようになります。

「○○だからダメ」と理由をきちんと説明してあげるようにしましょう。また、他人の心への関心もでてくるので、「ママ悲しいよ」や「○○君(お友達)が泣いちゃうよ」と言った言葉も有効です。

小学生以降になると、「なんでも自分でやりたい」と思う気持ちが強くなるため、「○○しなさい!」と命令するのではなく、「○○だけど、どうする?」といった自主性を伸ばすような叱り方をするようにしましょう。

その年齢に応じた対応で、自分で考える能力や他人の気持ちを考えようとする心の成長にも繋がりますよ!

まとめ

ママ必見!子供が言うことを聞かない時に実践したい効果的な叱り方
・ なぜ、親は叱ってしまうの?
・ 大きな声で叱ることは良くないこと…?
・ 子どもを叱るときの大事なポイント
・ 子どもの年齢別に叱る方法を変化させよう!

ママ必見!子供が言うことを聞かない時に実践したい効果的な叱り方を紹介しましたがいかがでしたか。

子どもの叱り方1つでここまで変化するのが、子どもの成長です。

この成長は目で見えない心の成長のことです。目で見えないから、不安になりがちですが、叱り方のポイントをふまえ、年齢別にも対応を変化させることで、心の豊かな子どもになりますよ!お母さん、お父さんも人間なので、日々ストレスもあると思います。

なので、ストレス発散を子どもにではなく、違う場所で発散するようにし、さらには、一緒に発散できる楽しめる遊ぶ場所や物を考え出すことも大切です!

いいね!して最新情報GET!