七五三の服装と選び方!お参りで失敗しない服装教えます!

childbirthday

節目の行事とも言える七五三。

さて、七五三の服装はどうしたら良いのでしょうか。写真屋さん任せ…でも、高くなってしまいそうだし…など、いろいろなことを考えると思います。

七五三の服装の選び方を失敗しないように、しっかりとチェックしておきましょう!

七五三の服装と選び方!お参りで失敗しない服装教えます!

七五三とは?

乳幼児の死亡率が高かった昔は七歳までの子供は神の子とされ七歳になって、初めて社会の一員として認められました。

下記の儀式が、明治時代になって現代の七五三として定着しました。

•三歳の男女 髪をのばしはじめる「髪置き」
•五歳の男子 はじめてはかまをつける「袴着(はかまぎ)」
•七歳の女子 帯をつかいはじめる「帯解き」

子どもが無事に成長したことをお祝いする家庭行事のひとつですので、お祝いする気持ちがなにより大切。

一般的には、家族で写真撮影、神社で参拝、そして家族で食事するスタイルが多いですが、いくらかけるかは、それぞれのご家庭の考え方でいいのではないでしょうか。有名神社までわざわざ出かけなくても、近くの神社でいいのです。

家族そろってお食事会などして、子どもの成長をお祝いしてあげましょう。 神社でお祓いを受け、祝詞をあげてもらうのが一般的ですが、別にお祓いをしてもらわなくてもOK。

最近では、必要以上に我が子の記念写真にこだわっている親御さんが増えてきましたが、中には記念撮影だけして、肝心のお参りをされないという方も聞いたことがあります。

七五三の主役はもちろん子どもたち。どんなに豪華なお祝いでも親の満足だけで終わらないように。生涯一度の大切な行事なので、写真だけにこだわらないで、心に残る記念日になるように思い出を作ってあげる事が大切ですね。

七五三はいつからいつまでと決まっていません。11月15日にお祝いするのは、日の吉凶を占う方式の一つに二十八宿(にじゅうはっしゅく)というのがあり、その二十八宿のうちで最良の吉日とされたのが「鬼宿日(きじゅくにち)」であること。また霜月祭りの日(家業に関係深い神々を祭る日)などいろいろ説があるようです。

最近は11月15日にこだわらず、10月から11月の休日など、ご家族が揃うのに都合の良い日に行われています。

七五三の服装

三歳 髪置き(かみおき) 男女ともずっと剃っていた頭髪を伸ばし始めることを祝う儀式
女の子
・晴れ着に帯を結ばす、袖なし襟付きの朱色の「被布」をはおる。
・お宮参りの時の祝い着を仕立て直す場合も多い。
・リボン、花簪の髪飾りをつけてかわいらしく。
・履物は畳表の甲堀(こっぽり)や金襴地張りの腰高の草履など。

男の子
・羽二重熨斗目(はぶたえのしめ)模様の紋付二枚襲(かさね)にへこ帯、袖無し羽織 。
・鼻緒のついた平底の和装履物など。
・一般的にお宮参りの「のしめ」を転用する場合が多い。
※まだ身体も小さい三歳児とって着物は重装備になりがちです。軽い仕立ての着物をきせてあげて下さいね。

五歳 袴着(はかまぎ) 初めて袴をつけて祝う儀式
・羽二重(はぶたえ)の五つ紋付熨斗目模様、また、色紋付の長着とそろいの羽織を合わせます。
・下着は白羽二重の比翼仕立て。
・袴は黒・紺・茶の無地か、のし目模様のある羽織、仙台平の派手な稿柄。
・畳表の草履。最近は、のし模様など華やかな色柄を選ぶ場合も。 白い扇子、守り刀を身につけます。
※履きなれない草履やぽっくりなどは、あらかじめ履き慣らしておけばよいかもしれません。子どもにとってはとても苦痛で疲れてしまいます。

七歳 帯解(おびとき) 紐付きの着物に代わり、初めて大人と同じ帯を結ぶという紐解きのお祝いの儀式
・体に合わせ、肩上げ、おはしょりや腰あげをした友禅模様の絵羽つけや総柄の友禅模様を用意。
・丸帯をしっかりと結び、帯締めは、綿織りなどの丸ぐけか紅白の組みひも。
・草履は畳表のぽっくり(木履)か布製のもの。
※三歳、七歳と女の子には、ちょっぴり大人っぽくメイクをしてあげても可愛らしいでしょう。
※洋装の場合 七五三を機会に新調する場合は、ほかの行事にも着られるものを選んでおくと、あとあと重宝します。

たとえば、五歳の男の子なら入学式にも着れるようにブレザーやスーツなど。 また七歳の女の子ならきっと自分で服装を選ぶでしょう。

かわいらしいドレスなどレンタルなら豊富に揃っていますので、ネットで調べるなどして是非利用してくださいね。
※写真館のレンタル衣装を借り、女の子にはウェディングドレス、 男の子はタキシードで写真撮影。これはあくまで写真だけの前撮りで、当日お参りには、着物で行く。こんな感じで和装と洋装の両方、子どもに着せられる方もおられます。(和装→洋装の場合も)

付き添いの親の装いは子どもの服装に合わせて。

父親
和装なら紬地の無地、羽織は紬の縫い紋程度。洋装なら略礼装、ダークスーツなどフォーマルに。
母親
和装として、無地の着物や江戸小紋に黒の羽織あるいは、訪問着や付下げ、小紋など。洋装ならやはり略礼装、スーツなどフォーマルに。

七五三といえば、日本古来の伝統行事。できれば、着物を着せてあげたいですよね。わざわざ購入しなくでも今はレンタルでも充分揃えられます。 最近では、必要以上に我が子の記念写真にこだわっている親御さんが増えてきましたが、中には記念撮影だけして、肝心のお参りをされないという方も聞いたことがあります。

また、ホテルでの七五三披露宴も全国的に広まっているようですが、結婚披露宴と間違いそうになるぐらい、着付け、衣装代が何十万円、食事代、写真、ビデオ代など、聞いてビックリする費用だそうです。でも忘れてはいけません。

七五三は、子どもが無事に成長したことをお祝いする家庭行事のひとつです。主役はもちろん子どもたち。どんなに豪華なお祝いでも親の満足だけで終わらないように。生涯一度の大切な行事なので、心に残る記念日になるように思い出を作ってあげる事が大切なのです。

七五三のお参り方法

七五三の時期、神社は込み合うことが多いので事前に連絡しておきましょう。

その時に神社への謝礼の金額を確認しておきます。神社によっては規定料金を設定している場合もあります。だいたい三千円から一万円ぐらいの範囲です。

このときの祝儀袋の様式の結びは蝶結び、水引は紅白、表書きは「御初穂料」「御玉串料」です。また、白封筒でもかまいません。名前は子供の名前で年齢を書きます。

七五三のお祝い返し

住む地域によってしきたりや習慣が違いますが、子どもの祝いである七五三は、本来はお返しをしません。

千歳飴や、赤飯、菓子折り程度を謝礼としてお返しすることが一般化してきています。場合によっては、子どもの名前で内祝いとして贈られてもよいでしょう。いただいた金額の半額から三分の一程度が目安。

実家からのお祝いの返しには、七五三の当日にご両親と一緒にレストランなど食事会にご招待するなどしてみてはいかがでしょう。また写真館で撮った写真を焼き増して差し上げたり、子どもにお礼の手紙やカードを書かせるなどしても喜ばれるかもしれませんね。

まとめ

七五三の服装と選び方!お参りで失敗しない服装教えます!
・ 七五三とは?
・ 七五三の服装
・ 七五三のお参り方法
・ 七五三のお祝い返し

七五三の服装と選び方!お参りで失敗しない服装教えます!、いかがでしたか。

子どもがすくすくと成長した喜びを盛大に祝えるように、しっかりと準備してあげましょう!

いいね!して最新情報GET!