七五三っていつやるの?時期は?男の子と女の子で違う?気になる疑問解決します!

childbirthday

我が子がすくすく育っていく喜びを日々感じますよね。

しかし、写真屋さんで見かける七五三の文字…。七五三って結局、何歳で行う物なのか、さらには、男の子と女の子で違いがあるのか、七五三について、徹底解明していきます!

七五三っていつやるの?時期は?男の子と女の子で違う?気になる疑問解決します!

七五三とは?

七五三の起源は室町時代といわれ、江戸時代の武家社会を中心に関東から全国へ広まったとされている。

当時は乳幼児の死亡率が高く、生まれてから3~4年たってから現在の戸籍にあたる人別帳や氏子台帳に登録した。

そのため、七五三のお祝いは今まで無事に成長したことへの感謝と幼児から少年・少女期への節目にこれからの将来と長寿を願う意味を持っていたようです。そのような背景から子供の成長と幸せを願い、神様にお祈りと感謝をするお祝として普及し、明治時代に現在の形になったと言われています。

また、七五三には意味があります。それは、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にそれぞれの意味を持ち、お祝いするしきたりのことを言います。

3歳・・・男女とも髪を伸ばし始める ”髪置(かみおき)”

5歳・・・男の衣服である袴を着る  ”袴着(はかまぎ)”

7歳・・・女の子の着物帯の装い始め”帯解(おびとき)”

三歳で言葉を理解するようになり、五歳で知恵づき、七歳で乳歯が生え代わるなど、発育してゆく上で病気にもなりやすく、様々な危険を伴う時期なので、健や かな成長を氏神様にお祈りをする。現代的に言えば、子供を思うご両親の愛情表現の行事という意味合いが強くなっています。

七五三のお参りの時期

まず、七五三のお参りの場所についてお話します。

七五三はその土地神社へ、つまりお家の近くの神社にいくのがしきたりとして残っています。しかし、現在では、神社やお寺に神職の方が常にいるとは限りません。

近年では、お宮参りをした神社などの御祈祷をしてもらえる大きい神社へ行く方と神職の方がいない近所の神社でゆっくりお参りする方に分かれているようです。どちらの場合も確認をおススメします。

特にご祈祷をしてもらう場合は、その神社に神職の方がいるか、ご祈祷料(初穂料・玉串料等)、駐車場の有無、混み具合などを事前に調べておかないとお子様が疲れてしまう場合が多いようです。

時期は、11月15日にという話が多く聞かれますが、その理由をお伝えします。それは体の弱かった、将軍徳川家光の子供、徳松(後の将軍、綱吉)の健康のお祈りをしたのが11月15日。そのお祈りの後、徳松がすくすくと成長したことにあやかって七五三の式日として広まったと伝えられています。

また、旧暦の15日はかつては二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事をするにも吉であるとされ、旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、その月の満月の日である15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねたという話や、七五三をすべてたした数が15になるこたからとも言われており、15日にまつわるエピソードは多いようです。

しかし、現代では11月15日にこだわらず、ご家族やお子様の都合に合わせてお祝をする事が多くなってきています。

男の子の七五三

男の子の七五三は3歳と5歳でします。しかし、近頃では3歳を省いて、5歳だけするというのが一般的になっているようです。七五三は、あなた方の両親達も楽しみにしているはずなので、男の子の場合は3歳でするかどうか、両方の両親に相談するのがいいでしょう。

女の子の七五三

女の子の七五三は、3歳と7歳でします。男の子と違い、女の子の場合は、2回必ず行っている子が多いようです。それでも、子どもに無理をさせず、楽しく行えるようにすることを最前にするべきかもしれません。

早生まれの子はいつ?

七五三は3歳、5歳、7歳で祝うといっても、年齢は数え年と満年齢の数え方がありますよね。

さて、どっちの年齢で数えるのでしょうか。七五三の年齢ですが、昔は数え年で祝うことが多かったようです。しかし、現代においては満年齢でお祝いする家庭が多くなっています。 また、年齢が近い兄弟や姉妹で、上の子供が満年齢で七五三を祝うのに、下の子供は数え年で共に祝うという場合も多いようです。

さらに、疑問なことは、早生まれ子はいつ、七五三をすればいいのかということだと思います。

1月から3月に生まれた子供は早生まれと呼ばれますが、七五三はいつすればいいのか迷ってしまいますよね。早生まれの子供の七五三ですが、今年にやるのか、来年にするのか、どちらが正解なのでしょうか。

正解を言うと、どちらでも構いません。どちらにするかは、地域や家庭の事情で決めたりと様々で正解はないのです。家系にこだわりなどがある場合を除き、その家の都合を考慮して決めればいいと思います。

やはり、七五三は子供が主役なので子供に合わせた時期にお参りするのがいいですね。例えば、仲の良い同級生が5歳で七五三をする場合、5歳の同級生と一緒に4歳ですれば喜ぶと思います。

また、3歳で七五三をする場合であれば、早生まれだとまだ3歳になっていないので身体はまだ小さいです。その上、オムツがとれていなかったり、衣装を着るのに身体の負担が大きいようです。

だから、もう1年待って3歳半くらいになっていれば、笑顔も簡単に撮れたり、体力的にも余裕があるので、親子共々、楽しい七五三をすごせるでしょう。

まとめ

七五三っていつやるの?時期は?男の子と女の子で違う?気になる疑問解決します!
・ 七五三とは?
・ 七五三のお参りの時期
・ 男の子の七五三
・ 女の子の七五三
・ 早生まれの子はいつ?

七五三っていつやるの?時期は?男の子と女の子で違う?気になる疑問解決します!、いかがでしたか。

男女や地域、ご家庭によって違う物ですが、どの場所でも、すくすく育ってくれた喜びをお祝いする気持ちは変わりません。家族みんなで楽しい七五三になるようにしましょう!

いいね!して最新情報GET!